Domaine Gross / REBGARTEN 2019

  • セール
  • 通常価格 ¥3,520
  • 残り6個
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。


ドメーヌ・グロス レブガルデン2019

ハーブと黄色い果実の香りに、日本酒のような吟醸香を感じ取ること ができる。アフターに上品な苦みが残るのが特徴的。3年程、寝かせ てから飲むのも味わいが落ち着き、旨味があがり、違った表情をみせ てくれる。手摘みにて収穫。10%全房45日間醸す。プヌマティックプレ スにて5時間。フードル樽にて10ヶ月熟成。澱引きは瓶詰前まで行わ ない。マセラシオン有り。瓶詰前に粗いフィルター。アルザス語で「葡 萄の庭」の意味。

フランス アルザス オレンジ シルヴァネール100%

 

ドメーヌ・グロス(インポーター資料より)

当主であるVincentの曾祖父であるHanry Grossが1950年に1.5haの畑を購入。当時は栽培した葡萄を販売し生計を立てていたが、1965年から祖父のLouis Grossがワインを 造りはじめる。1980年にVincentの父であるRémy Grossが現在のワイナリーをDomaine Gross設立、畑は2.5haまで増える。南仏やアルザスのクライデンヴァイスでの研修を終 えたVincent Grossが2006年より醸造、栽培に加わり直ぐさまビオディナミ農法を取り入れる。2010年にVincentが当主に就任。現在は畑は10haまでに増え、祖父、父、母、 Vincent(現在37歳)の三世代でワインを造り続けている。畑の多くは粘土、泥土、石灰。アルザストップのミュスカが生産されるGC Goldertを所有している。品種本来の香りを 引き出しテロワールを最大限に表現すること重要視している。エチケットはVincentの息子のLouis君と娘のCharleneが描いた。毎年エチケットのデザインが変わる。

2019年は開花のタイミングは例年通りに進み、6,7月と30°Cを超える暑い日が続いたが、7月の終わりに30mm近いまとまった雨が降ったため水分ストレスによる光合成の停止 を免れる事ができ、8月は例年に比べ気温も低く理想的な条件が整った。しかしうどん粉病の被害が多く、べレゾンのタイミングで病気にかかった葡萄を全て切り落としため、 収穫量は少ないが、酸と糖とフェノールのバランスがとれた高品質な葡萄を収穫することができた。亜硫酸無添加。


※店舗在庫と連動している為、在庫確認の返信をもってご注文は確定とさせて頂きます。 予めご了承下さい。