LA BONNE PIOCHE / Rage Against the Bomboche 2022

  • セール
  • 通常価格 ¥3,960
  • 残り3個
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。


ラ・ボンヌ・ピヨッシュ / レイジ・アゲインスト・サ・ボンボッシュ・2022

醸造:手摘みで収穫したブドウ(1/3 は全房)を野生酵母のみでグラスウールのタンクで 温度管理を行わずに自発的に発酵。マセラシオンはセミ・マセラシオン・カルボニックと 1 日 1 回のルモンタージュで 20 日間。圧搾後、引き続き自発的なマロ発酵熟成。無清澄・無濾 過で瓶詰め。SO2 は瓶詰め時に必要最小限のみ添加。 2022 年の収穫日はデュラスとカベルネは 9 月 6~7 日。ブローコルが 9 月 17 日。アルコー ル度数 14 度。総生産量 3,150 本。2024 年 3 月時点の SO2 トータルは 19mg/l。

ヨアン自身のコメント:私はデュラスが世界最高の品種の 1 つであると思っています。今日素晴らし いワインバーでは、ピノやシラーを味わうことが多いですが、私はそこにデュラスを加えるべきだと思ってい ます。このキュヴェには、ヴィンテージの個性が見事に反映されています。非常に熟した果実味からは 太陽を感じることができます。セミ・マセラシオン・カルボニックによって、グリオットやイチゴのノートが感 じられる美食のワインが生まれました。ワインのフィニッシュには、この品種の特徴である胡椒のノートが 感じられます。

キュヴェ名の『レイジ・アゲインスト・サ・ボンボッシュ』とは、1990 年代のアメリカのロック バンド、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン(Rage Against the Machine)の名前をもじったものです。 Bomboche ボンボッシュとは、祖父の時代の人が使っていた古いフランス語で「パーティー」を意味す る言葉です。直訳すると「パーティーに対する怒り」になります。なぜこんな名前を付けたかというと、新型コロナで外出制限になっていたある日、一人の老政治家がテレビで「もうボンボッシュ(パーティー) を止めろ!」と国民に怒鳴ったのです。この発言は、「どの口が言うのか!ボンボッシュ政治家が!」 と多くのフランス人のひんしゅくを買いました。ワインは仲間と一緒に楽しむものです。国民感情から 遠くかけ離れた年老いた政治家が、フランス人からパーティーの楽しみ奪うことはできません。そこで、 私は『ボンボッシュ(野郎!)に対する怒り』と名付けたのです。この名前は大成功でした。私とす れ違う多くの人が「あ~、あのボンボッシュを造ってくれた人ですね」と言ってくれるからです(笑)

フランス・南西地方 赤 デュラス 80%、ブローコル(フェル・セルヴァドゥ)10%、カベルネ・ソーヴィニョン 10%


※店舗在庫と連動している為、在庫確認の返信をもってご注文は確定とさせて頂きます。 予めご了承下さい。