Lo-Fi / Grenache Very Natural,No So2 2018

  • セール
  • 通常価格 ¥4,400
  • 残り8個
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。


ロウファイ グルナッシュ ベリーナチュラル ノーエスオーツー 2018

ピノノワールのメッカで手掛けるクールクライメット・ローヌ系

【畑の概要&グルナッシュ・ノワール “スピアヴィンヤード” に特徴的な造り】
果実はサンタ・リタ・ヒルズ地区(SRH)のスピア・ヴィンヤード -Spear Vineyard-から。
カベルネフランの源、コクリコ・ヴィンヤードに等しく元来は栽培専業であったが、現在は自社畑元詰めワインも有する。そのエステイトワインを醸造する人物もマイケル・ロス。
農法はCCOF認定有機栽培。冷涼なサンタ・バーバラの中でも、最も寒冷なサンタリタヒルズAVAに属す。南加州きってのプレミアム・ブル系を生み出す当地のワイン産業の中心、ロンポクの街から東に延びるヴィンヤード街道、R246号線沿いに位置する。(ヒリアード・ブルース -Hilliard Bruce- ⇒ クロ・ペペ -Clos Pepe- ⇒ ヒューバー -Huber- ⇒ バブコック -Babcock- ⇒ メルヴィル -Melville-と続く延長線上同一通り沿い)

収穫時糖度は21.2brix。製法はセミ・マセラシオンカルボニック。手摘み果実を足踏みによる全房圧搾100%+全房発酵100%+天然酵母発酵100%。酵母の自発的活動に委ねる為、アルコール発酵に続く乳酸発酵(MLF)も澱と一緒に極力手を加えず自然のまま。然るべき期間の静置を経て熟成10ヶ月。228Lの小型フレンチオーク(使用4年以上の古樽バリック/新樽率0%)が用いられる。2度の軽い澱引を経て瓶詰。その後6か月間瓶内熟成。SO2無添加。濾過は施されない。年産120ケース。

酸素の接触時間と温度変化に従い、猫の目のようにくるくる変わる香味もLo-Fiの持ち味。このグルナッシュノワールはその象徴的一つであり、抜栓から然して間もなく液面上部を飲んだ際のやや尖った酸味も、ボトル中央部に差し掛かればまるで別物のようにまろやかな酒肉に変貌する。そんな変化の知覚も醍醐味。

【果実の生命力が息衝くミニマリストのワイン造り】彼らはワインを「完璧や真理を追い求める飲み物」とは考えない。ローファイの醸造家マイケル・ロスと共同運営者のクレイグ・ウィンチェスターの二人にとって、ワインは生活の一部であり、わけても家族や友人と共に囲む食卓においては欠かせぬもの。その為には柔らかで穏和な味わいを重んじ、果実生来のポテンシャルと酵母のナチュラルな生命力を引き出すワイン造りを進める。
過ぎたる人手の介在が導く作為的な凝縮ワイン。それらを良しとせぬ姿勢は葡萄栽培でも同様である。香味成分生成のタイミングを大切に、「売れるワイン」の基準とされる25brixに満たぬ糖度であるも、そもそも大衆受けを狙った「Yummyな味」を志向している訳ではないので意に介せず。結果として導かれる低いアルコール度は、あくまでも結果に過ぎない。糖度の高さと引き換えに損なわれがちな芳しいアロマが、飲みつける愛好家を惹きつける。
醸造工程においても、人為的な作業は極力避けられる。発酵は伝統的な木樽を用い培養酵母を加えることなく、専ら天然酵母の自発的活動に委ねるのみ。赤ワインは全房のまま発酵槽に入れ、自重で流れ出た果汁が自然に発酵し、アルコール転化の副産物として生成された炭酸ガスが、リンゴ酸からアミノ酸やコハク酸への分解を促す。それら作用を得て、若くしても渋み成分を穏やかに、収斂味の少ないまろみのある味わいが醸し出される。


※店舗在庫と連動している為、在庫確認の返信をもってご注文は確定とさせて頂きます。 予めご了承下さい。