Meigamma / Rosato2020

  • セール
  • 通常価格 ¥4,400
  • 残り3個
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。


メイガンマ ロザート 2020

以下、インポーターオルトレ様より。

カンノナウ100% 2019年はとても柔らかく、揮発酸と豆が出るか出ないかのギリギリのラインを、しかしながらすんなりと飛んでいく様なイメージでした。しかし今回の2020年はこれまたガラリと印象が変わります。発酵は古い小樽を使用し1日のマセレーションを行います。1日のマセレーションでも、ワインの色はかなり濃く出ています。樽の移し替えの際に大まかな澱を取り除きボトリング。毎年少なからずあったはずの揮発酸が今年はどこえやら、、、暑く厳しい年だったと言うように、熟して少し葡萄が焼けた様なニュアンスを感じます。果実味が閉じていると、その苦みだけが際立ってしまい、物凄く閉じているように感じてしまったのでしょう。ようやくほどけてきた果実味は、華やかさが際立ち赤く若い果実やキャンディーを思わせます。抜栓してからの酸化によるほどけかたも尋常じゃありません。2~3週間放置したりしましたが、酸化のニュアンスが出てくると香りも味も複雑さが増幅し滑らかで余韻もとても綺麗です。恐ろしい程のポテンシャルに恵まれた今年のロザート。ラベルは桜のようなピンクの花と蕾。もしかしたら、春には美味しくなるよ、きっと・・・という二人からのメッセージだったのかもしれません。。。
 メイガンマのワインをこれまで5ヴィンテージ飲んで扱ってきましたが、この2020年のロザートの核心を理解するのに相当な時間がかかりました(まだ理解しきれているとは限りませんが、、、)。いまの結論としては、2020年のロザートは素晴らしいポテンシャルを持ったワインでした。例えるなら、育成ドラフト4位で入団して、5年後にホームラン王取っちゃったみたいな逸材です。僕がスカウトだったらきっと獲れていないんだろうなぁ、、、メイガンマのジュゼッペとバルバラが信念をきちんと伝えてくれて、こちらの日本での状態も伝え考えてくれた上で、向き合って話をしてくれたから今があります。本当に情けない輸入元ですが、お客様と生産者に救われて生きています。今回の2020年ロザートは僕にとって一生忘れられないヴィンテージになる事は間違いありません。メイガンマへの揺るぎない信頼と、彼らのワインを伝えられる幸せを改めて、大切に暖めていきたいと思います。

 

イタリア サルディーニャ ロゼ カンノナウ


※店舗在庫と連動している為、在庫確認の返信をもってご注文は確定とさせて頂きます。 予めご了承下さい。