Carriel dels Vilars / Blanc Petillant 2021

  • セール
  • 通常価格 ¥6,500
  • 残り4個
税込 配送料は購入手続き時に計算されます。


カリエル・デルズ・ヴィラーズ / ブラン ペティアン

色は明るい⻩金色。香りは熟したフルーツ、バランスの取れたスパイシーさ、野生
のハーブ。フェンネルのスッキリしたニュアンス。ドライで、葡萄の旨味・複雑さ
が溢れます。良く冷して、ゆっくり抜栓してください。3日目位まで泡はもちます。

2021年9月11日に収穫。春の半ばにひどい干ばつと暑さが始まり、9月まで降雨は

無し。
カルロス曰く、「私の周りで”ナチュラル”ワインを造る現代的な若者は、忍耐と経
験も乏しく、8月の第2週に、熟していない・ストレスの溜まった葡萄を収穫して
いた。不思議なことに、毎年この間違いを繰り返している。雹が降った場合などの
リスクを避ける為に。
経験を重ねたフランスワインの造り手が最初に言うことは、素晴らしいワインを造
るためには忍耐強く、そしてリスクを冒さなければならない、と」
9月3日までに、30リットルの"金の=とても貴重な"雨が降り、熱が急激に下がる
まで待ち、数日後、葡萄のストレスが解消され、明らかにボリュームが増し、十分
に熟したところで一気に収穫。葡萄が粉砕されて圧搾されると、マストはガラス
コーティングされたタンクに入れられ、9月30日まで発酵、瓶詰め。その後、デゴ
ルジュマン。私が1979年(!)に始めたこのアンセストラル製法は、ボトル内で残
糖分を発酵させることで、ガスが数ヶ月間増加し、アルコール度数が高くなりま
す。デゴルジュマンが早いため、過圧の問題が起こらないように、3°C〜4°Cで
サーブすることをお勧めします。

カルロス・アロンソをスペインのナチュラルワイン界で知らない人はいません。
バランコ・オスクロと並ぶ、いわば巨匠です。
フランス国境に近いカタルーニャのアルス・ヴィラーズ(エスポリャ)で長年ワインを造っていま
す。1979年に銀行の投資ディレクターを辞め、アルス・ヴィラーズの小さな集落に石造りの家を
建て、海抜250mのスレート斜面でナチュラルワインを造り始めました。葡萄の木は、原生の草
花、虫たちと共に生き、乾燥した気候の中で水と栄養分を求めて逞ましく育ちます。そして山か
ら吹き下ろす北風"トラモンターナ"によって野性味あふれる葡萄はフレッシュなワインになり
ます。
通常、年に2種類のワインを造っていて、1つは赤、もう1つはペティヤンです。時々、ロゼやス
パークリングで冒険します。耕作されていないスレート土壌の多数の葡萄品種を混ぜた結果です。
葡萄と自生植物の共生は、収穫された葡萄がまさに野生であり、彼のワインの独自性を表しま
す。
ワイナリーでは、内側がガラス張のタイルで裏打ちされたタンクで醸造され、重力で瓶詰め、全て
の赤ワインとスパークリングワインにはクラウンキャップ付きのカバ用ボトルを使用、エチケッ
トは手貼りです。特に、箱に貼られているNo addedのラベルは「何も添加していない=ナチュラ
ル」を常に考えている彼らしさそのものです。
有名店のシェフ達に大きなパエージャ(なんと40人前 !)を自身で調理して振る舞ったり、雨
の日はパンを焼いたり、見た目からは想像できませんが、料理も得意なカルロス。ヴィニュロン
達からも尊敬されています。(ジローナの世界No.1レストラン、カン・ロカで、カリエルは取り
扱いされています)

スペイン 白微発泡 ガルナッチャ・ブランカ、マカベウ、チャレッロ、ガルナッチャ・ネグラ、パレ

リャーダ、シャルドネ、カリニャン


※店舗在庫と連動している為、在庫確認の返信をもってご注文は確定とさせて頂きます。 予めご了承下さい。